愛犬の臭いが気になる…という飼い主さんに知ってもらいたい犬の臭いがする箇所とそれぞれの臭い対策

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 愛犬の臭いが気になる…という飼い主さんに知ってもらいたい犬の臭いがする箇所とそれぞれの臭い対策

2018-01-19

愛犬の臭いが気になる…という飼い主さんに知ってもらいたい犬の臭いがする箇所とそれぞれの臭い対策


愛犬を抱きかかえて見つめあった時に、「かわいいんだけれど…くさい…。」そんな経験はありませんか?

愛くるしい愛犬の顔に自分の顔を近づけてぎゅーっと抱きしめたりするのは、犬好きさんには欠かせない日課のようなものですよね。

でも、そんな時に臭かったら…ちょっと顔をくっつけるのはやめておきたくなりますよね。それでは愛するワンちゃんとのコミュニケーションが減ってしまいます!

そんな悲しいことになる前に、飼い主さんがすぐにできるワンちゃんのケアをご紹介します。

愛犬の臭いが気になる…

ワンちゃんのニオイは何も口臭ばかりではありません。あまりケアしないでいると体臭も気になるようになりますし、その影響で自宅もニオイがするようになってしまいます。

恐ろしいことに、毎日一緒に暮らしていると鼻が麻痺して気づかないことがあります。

誰かが自宅を尋ねてきた時に、もし何とも言えない表情をしていたとしたら…それはワンちゃんのニオイからくるお家の香りかも知れません。

ご紹介するケア方法を試して、ワンちゃんと快適な日々を過ごしてくださいね。

犬の臭いがする箇所

ワンちゃんのニオイはどこから来るのでしょうか?それは主に3つです。主たる箇所と、その箇所から不快な臭がしてしまう原因を知って、適切な対処をしましょう!

体臭

ワンちゃんの体臭は、本当はフェロモンとして機能するものだとご存知ですか?

人間も同様ですが、ワンちゃんには2種類の汗があり、運動をした際に出てくるようなさらっとした無臭のタイプの汗と、そうでないものがあります。

体臭の原因となるのは主に後者です。後者の汗は、フェロモンを含んでいて、動物特有であり、個体識別の役割を果たしています。動物である以上、必要不可欠な汗なのです。

口臭

ワンちゃんの口が臭う場合、その原因の大半は「口内トラブル」によるものです。実際、ワンちゃんで歯周病を患っている子はとても多いのです。

時に歯の隙間が狭いタイプの小型犬や、鼻が短いタイプの小型犬(パグやフレンチブルドッグなど)は歯磨きすることが困難なため歯周病を引き起こしやすいのです。

口の中が不潔になっていると歯石がたまって、年齢があがるにつれて重症な歯周病になっていきます。3歳以上のワンちゃんだと8割以上が罹患していると言われています。

便臭

ワンちゃんも健康であれば日々ウンチをするので、そのニオイを完全に取り去ることは不可能です。

しかしながら、食べるものを工夫するなど、方法はあります。本来ワンちゃんは肉食動物なので、タンパク質の消化は比較的得意なのですが、炭水化物の消化はそれほど得意としません。

お米や麦、とうもろこしといった穀類を多く与えすぎてしまっていると、ウンチが匂い場合があります。

つまり、ニオイの主たる原因は消化がキチンとされなかったことによるのです。あまりにも消化されないままウンチに出てきていると、ワンちゃんがウンチを食べてしまうことにもつながるので気をつけましょう。

ニオイがあまりにも強い場合には獣医さんに相談しましょう。

愛犬のに臭い対策

それでは早速各ニオイに効く対策をご紹介します。かわいいワンちゃんのためにも、そしてもちろん飼い主さんご自身のためにも、今すぐトライしてニオイトラブルから開放されましょう!

体臭

体臭の対策として、まず小まめにカラダを拭いてあげるようにしましょう。特に顔やカラダにヒダの多い犬種の場合には、そのシワの間までよく拭いてあげましょう。

その際には、ぬるま湯で絞ったガーゼややわらかいタオルを使用し、アルコール類、石鹸などを使用しないようにしましょう。

排泄の際にオシッコやウンチがまわりの皮膚・毛についてしまっていた可能性もあるので、あわせて拭いておきましょう。

口臭

口臭の対策には何と言ってもデンタルケアです。こちらの記事(子犬のときのしつけが肝心!犬用歯磨きガムの効果と愛犬に合った選び方を解説 | わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル)をご参照ください。デンタルケアは人間にとってもとても大切な習慣ですが、ワンちゃんにとってもとても大切です。

人間に比べたら虫歯になりにくいワンちゃんでも、歯周病の罹患率は人間を大幅に上回ります。飼い主さんが気をつけてあげるだけで大きな違いがありますので、ケアしましょう。

便臭

ウンチのニオイを無臭にすることはできませんので、排泄をした時に、清潔なガーゼやタオルで軽く拭き取ってあげましょう。

そうすることで、周りの皮膚や毛についてしまった排泄物も取れるので、そこから悪臭が起きるのも防げます。

小型犬の場合、肛門腺がつまっている場合もありますので、ご自身で絞れる方は絞り、自分ではできないと言う方は獣医さんにやってもらいましょう。

ブラッシングとシャンプーをしてあげよう

人間も身だしなみが大切ですが、ワンちゃんの場合には身だしなみが健康の一環となる部分も多くあります。

ブラッシングを小まめにしてあげて、毛の間に不潔なものが入りこんだままにしない、毛並みを整えることでかゆくて舐めてしまうことを防ぐ、などブラッシングにはさまざまな効果があります。

定期的にしてあげましょう。また、シャンプーは日々行わなくても大丈夫ですが、ニオイが少し出てきたな、と思う時には早めに入れてあげましょう。

シャンプーのしすぎは、肌の乾燥につながりますので、ほどほどなタイミングにしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。ワンちゃんのニオイに悩まれている方は思いの外多くいらっしゃいます。しかし、その方々の中でどれだけの方が今回ご紹介したケア方法を実践しているでしょうか。

もし、これらのケア方法に取り組んでしばらく経ってもまるで改善が見られない場合には、問題が別のところに潜んでいる可能性があります。ワンちゃんの健康に関わることですので、獣医さんに早めに相談してみましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2018-03-29

愛犬が嬉しくておしっこしてしまう犬が嬉ションをする原因とその対策

犬は、飼い主に褒められたり、数時間ぶりに再開したりすると、嬉しさのあまりおしっこを漏らしてしまうことがあります。だばーっと漏らすわけではなく、ちょっとだけなので…

続きを読む

2018-03-27

犬にまつわる2つの神社を特集!戌年にご利益を授かりに行こう

2018年は、ワンちゃん好きの皆様にとっては特別な年、「戌年」ですね。年賀状はもちろん愛犬のベストショット写真を使われたことでしょう。12年に一度しかまわってこ…

続きを読む

2018-03-27

2018年は犬年、もとい戌年!戌の漢字を使う理由や由来を解説

本格的な寒さも明け、間もなく2018年の春を迎えますね。 年賀状を作成した時にお気づきになった方も大勢いらっしゃると思いますが、今年は「戌年」です。ワンち…

続きを読む

2018-03-27

マズルコントロールで吠えグセや噛み癖防止に効果がある?目的としつけの仕方を解説

自宅ではかわいいのに一旦外に連れ出すと警戒心からか、吠えたり噛み付いたりする愛犬にお困りではありませんか?そんなワンちゃんを飼っている方にぜひオススメな「マズル…

続きを読む

2018-03-27

ボルゾイの性格と飼い方?優雅な立ち姿が美しい人気の犬種?

柴犬やトイ・プードル、ミニチュアシュナウザーといった、道端でよく見かける犬種とは一線を画した犬種、ボルゾイをご存知でしょうか。もしかしたら、ワンちゃん好きの方で…

続きを読む

2018-03-27

パグの性格と飼い方?穏やかでしわくちゃの顔が愛らしい犬種?

ちょっと困ったような表情と、申し訳無さなそうに歩く姿がかわいらしい犬種、パグはご存知ですよね。 「え?あれって小さなブルドッグじゃないの?」なんて思われた…

続きを読む