パグの性格と飼い方?穏やかでしわくちゃの顔が愛らしい犬種?

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > パグの性格と飼い方?穏やかでしわくちゃの顔が愛らしい犬種?

2018-03-27

パグの性格と飼い方?穏やかでしわくちゃの顔が愛らしい犬種?


ちょっと困ったような表情と、申し訳無さなそうに歩く姿がかわいらしい犬種、パグはご存知ですよね。

「え?あれって小さなブルドッグじゃないの?」なんて思われた方こそ、この記事を読んでぜひパグのファンになっていただきたいです。今回はそんなパグについて、起源や性格、飼い方や注意点まで詳しくご説明します。

パグという犬種

離れ目でつぶれた鼻が何ともユニークで愛嬌たっぷりなパグですが、実はその歴史は紀元前400年までさかのぼります。パグは中国で発祥しペットとして飼われていたという文献があるのです。

その後17世紀にヨーロッパに持ち込まれ以来、ヨーロッパ各地の王侯貴族や、アメリカまでさまざまな国で愛される犬種となりました。

また、パグはチベットの僧侶たちが飼っていたマスティフ系の大型犬をルーツとしているという説があり、チベタン・スパニエルやペキニーズといった小型の犬種との交配を経て、現在のパグの姿に進化していったという言われています。

日本では20世紀頃にペットとして飼われ始めたようです。まだ日本においては100年ちょっとの歴史しかない犬種だということが驚きですね。

パグの性格

パグの顔を見て、どのような性格を想像しますか?しわくちゃの表情の中にさまざまな哀愁も漂っていて、何とも表現しにくいですよね。

明るくポジティブ!

パグは基本的に陽気な性格をしていると言われています。また小型の中では興奮しにくく落ち着きがあるので、室内でも飼いやすいのが特徴です。落ち着いているだけではなく、人間とは一定の距離を保つ事もできる賢さを持っているので、常にかまってあげなくても一緒に生活できるのも特徴の一つでしょう。

のんびりマイペース

大きな声を出して吠えたり、いつでも注目を集めようとイタズラをしたり攻撃したりはせず、マイペースに毎日をエンジョイする犬種であることも特徴的です。小さなお子さんがいても、決して過度に嫉妬をしてしまったりもしないので、室内で子育てと並行して飼うこともできるでしょう。

頑固ちゃんでプライドが高い!

困ったような表情とは裏腹に、独立心はたっぷりで、自分のこだわりは譲らないという性格も持ち主でもあります。人間の食べているものをあまり与えすぎると、その味にこだわるようになって従来のペットフードを食べなくなったりもするので、気をつけましょう。

パグの飼い方

パグは毛足が短く、身体も小さめなのでお手入れは楽なタイプの犬種と言って間違いないでしょう。ただし、抜け毛は相当にあるので、日々のブラッシングはコミュニケーションの一環としても欠かさないようにしましょう。

大型犬ではないので、一回一回の長さは20~30分程度で大丈夫ですが、一日に2回はお散歩をしてあげることで、適度はストレス発散と運動不足解消になります。

パグは比較的体臭の少ない犬種ですが、動いた後には蒸しタオルなどを適温まで冷まして体を拭いてあげるようにすると、なお良いでしょう。

皮膚を清潔に保つことはどの犬種でも欠かせないので忘れないようにしましょう。

パグを飼う上での注意点

毛のお手入れや日々の運動はそこまで手のかかる犬種ではないのですが、パグは暑さや寒さに弱い特徴があるのでとくに気をつけてあげるようにしましょう。

室温は26~28度がパグにとっては快適なので、夏にクーラーが効きすぎた部屋にいさせたり、冬にホットカーペットや床暖房で温まりすぎた部屋にいるようなことのないようにしましょう。

また、パグの最大の特徴である顔のシワには汚れやアカが溜まりやすく、それらが皮膚病の原因となってしまうため清潔に保ってあげる工夫としましょう。定期的に蒸したタオルで拭いてあげると気持ちよさそうにしますよ。

また目にもキズが付きやすく、目やにも発生するのでそれらも拭き取ってあげましょう。あまり目をこする動きをするようであれば、早めに獣医にかかりましょう。

狩猟犬であった性格を考慮して飼おう

落ち着きがあり、穏やかな性格を持ったパグですが、本質的には狩猟犬ですので、多頭飼いをする場合にはしつけに気をつけましょう。また猫や鳥などを既に飼っている場合、今後パグと一緒に飼うことを検討している場合には、飼う場所や嫉妬させない工夫もしたいところです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

しわくちゃの顔で困ったような表情をしているパグをペットショップなどで見かけると、ついつい「うちの子になる…?」なんて思わされますよね。そんな愛くるしいパグをペットとして家族の一員に迎え入れる予定のある方は、今回の記事を参考にして飼ってあげてくださいね!

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2018-03-29

愛犬が嬉しくておしっこしてしまう犬が嬉ションをする原因とその対策

犬は、飼い主に褒められたり、数時間ぶりに再開したりすると、嬉しさのあまりおしっこを漏らしてしまうことがあります。だばーっと漏らすわけではなく、ちょっとだけなので…

続きを読む

2018-03-27

犬にまつわる2つの神社を特集!戌年にご利益を授かりに行こう

2018年は、ワンちゃん好きの皆様にとっては特別な年、「戌年」ですね。年賀状はもちろん愛犬のベストショット写真を使われたことでしょう。12年に一度しかまわってこ…

続きを読む

2018-03-27

2018年は犬年、もとい戌年!戌の漢字を使う理由や由来を解説

本格的な寒さも明け、間もなく2018年の春を迎えますね。 年賀状を作成した時にお気づきになった方も大勢いらっしゃると思いますが、今年は「戌年」です。ワンち…

続きを読む

2018-03-27

マズルコントロールで吠えグセや噛み癖防止に効果がある?目的としつけの仕方を解説

自宅ではかわいいのに一旦外に連れ出すと警戒心からか、吠えたり噛み付いたりする愛犬にお困りではありませんか?そんなワンちゃんを飼っている方にぜひオススメな「マズル…

続きを読む

2018-03-27

ボルゾイの性格と飼い方?優雅な立ち姿が美しい人気の犬種?

柴犬やトイ・プードル、ミニチュアシュナウザーといった、道端でよく見かける犬種とは一線を画した犬種、ボルゾイをご存知でしょうか。もしかしたら、ワンちゃん好きの方で…

続きを読む

2018-03-27

ドッグデイズはなぜ”盛夏”と訳す?Dog daysの意味と由来を解説

春も終わり、暑い夏がやってくると耳にする言葉「Dog Days(ドッグ・デイズ)」をご存知でしょうか。知っているという方でも、どうして盛夏のことをドッグデイズと…

続きを読む