教え方が肝心!愛犬に”待て”を覚えさせるための3つのポイント

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 教え方が肝心!愛犬に”待て”を覚えさせるための3つのポイント

2017-05-30

教え方が肝心!愛犬に”待て”を覚えさせるための3つのポイント


犬のしつけの基本である「待て」は、日常生活でも使う場面が多く、他のしつけを行う際にも必要になってきます。そのため、早めにトレーニングしておきたいものです。

ただ、しつけの初期に行うということで、飼い主さんも犬のトレーニングに慣れておらず、右往左往してしまうかもしれません。そこで、今回は「待て」の効率的なトレーニング方法について解説します。

「待て」を覚えさせるには教え方を工夫しよう

がむしゃらに訓練しても、犬は命令をなかなか覚えてくれません。効率的にトレーニングを行うには、正しい訓練方法を知り、それに従って行う必要があります。

つまり、犬のしつけを行うにはまずは飼い主が勉強することが大切なのです。

といっても、しつけ論の勉強はそこまで難しいものではありません。命令通りにできたらしっかり褒めてあげる、数日~数週間に渡って根気よく行うなど、愛犬への愛情があれば簡単にできるものばかりです。

以下では主に「待て」のしつけ方法を解説していきますが、これらは他のしつけの際にも応用できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

指示語/解除語(コマンド)を統一する

指示語とは、犬にある動作を命令する言葉です。

今回なら「待て」ですね。そして解除語とは、その動作をやめてよいことを命令する言葉を指します。「よし」とか「OK」など、短く、他のしつけでも使えるような単語を設定するとよいでしょう。

ここで大切なのは、家族内で指示語、解除語は必ず統一しておくということです。

たとえば、「待て」という言葉を使うと決めたなら、家族全員がその言葉で命令するようにしましょう。お父さんが「待て」で、お母さんが「止まれ」では愛犬も混乱してしまいます。

わたしたちは言葉の意味を理解し、それに応じた行動を取れますが、犬は人の言葉を理解できません。ですから、言葉の「音」を頼りに命令を理解します。

「待て」と「止まれ」では全く音が違いますよね?そのため、犬には全く違う命令に聞こえてしまうのです。

これはしつけの基本で、なにかの命令を行う際には家族内で言葉(コマンド)を統一しておく必要があります。

ハンドシグナルを使って「待て」の意味を理解させる

しつけを始めたばかりの時期に、いきなり「待て」と命令しても犬には伝わりません。そこで、ハンドシグナルを組み合わせて「待て」の意味を理解させましょう。

ハンドシグナルとは手話のようなもので、今回なら犬の目の前に手をパーにして見せることで、その位置に留まらせます。その際に一緒に「待て」を発音して、「待てといわれたら動いたらダメなんだ」ということを教えましょう。

慣れてきたらハンドシグナルをなくし、言葉だけで待てができれば成功です。命令がうまく聞けたら思いっきり褒めてあげましょう。

褒めることで、「命令を聞いたら飼い主さんが褒めてくれる」ということを学習し、より素直に命令を聞くようになっていきます。

少しずつ「待て」の時間を延ばしていく

短時間の「待て」ができるようになったら、次は「待て」ができる時間を延ばしていきましょう。やり方は簡単で、「待て」を命令してから褒めるまでの時間を長くするだけです。

これにより、多少「待て」が長くても、しっかり待っていれば褒めてもらえる、と学習し、長時間の待てにも耐えられるようになります。

また、飼い主が遠くにいても「待て」ができるようにもしていきましょう。遠くから「待て」と命令し、その通りにできたらOKです。

いきなり距離を空けても上手くいかない可能性が高いので、最初は近くからスタートして、徐々に距離を伸ばしていきましょう。

集中できる環境でトレーニングすることが大事

犬の集中力はあまり高くありません。近くに興味を惹かれるものがあると、すぐそちらに意識が行ってしまいます。

ですから、トレーニングは静かで、周囲にあまり人やものがない場所で行いましょう。

また、犬の集中力は長くても1時間程度だといわれています。上手くいかなくてもこの時間を目途に訓練を切り上げ、翌日以降に再チャレンジしましょう。

おわりに

「待て」はしつけの基本ということもあり、簡単にできそうに感じますが、いざトレーニングを始めてみるとなかなか上手くいかない思います。

それでも、根気よく教えていればいずれはできるようになるはずです。愛犬との信頼関係を育みながら、地道にトレーニングしていきましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-05-30

犬の唸りは状況によって理由が異なる!犬が唸る8個の原因

犬はたびたび「ウーッ!」という唸(うな)り声をあげることがあります。「唸り声をあげる=機嫌が悪い」とつい考えてしまいがちですが、唸る原因は必ずしもそれだけではあ…

続きを読む

2017-05-30

運動不足解消や老化防止にもなる!愛犬に教えたい8個の芸

犬に対して行う命令と聞くと、「待て」や「お座り」をイメージする人も多いのではないでしょうか?実際、これらは基本的なしつけであり、日常生活で使う場面も多いので、代…

続きを読む

2017-05-30

愛犬と楽しくトレーニングしたい!犬のしつけ教室の選び方

飼い犬に適切なしつけを行うのは飼い主としての義務です。とはいえ、必ずしも飼い主本人がしつけをしなければならない、というわけではありません。 最近は犬のしつ…

続きを読む

2017-05-30

愛犬が夜になると鳴き出すには理由がある、犬の夜鳴きの原因と解消法まとめ

犬の問題行動の一つに無駄吠えがあります。その中でも夜鳴きはとくに厄介で、近所に多大な迷惑をかけてしまうことはもちろん、飼い主としてのストレスもとても大きなもので…

続きを読む

2017-05-30

主人は飼い主?それともワンちゃん?愛犬との主従関係がわかる6つのチェック項目

犬は順位付けを行う動物として有名ですね。これは犬としての本能で、しつけやトレーニングを行ってもこの習性をなくすことは不可能です。 とはいえ、飼い主のほうが…

続きを読む

2017-05-30

拾い食い防止のために覚えさせたい!!犬に”はなせ”を覚えさせる方法

しつけの種類にはさまざまなものがあります。それらの中でも、基本的なものについてはしっかりしつけを行っておきたいところです。 「はなせ」も基本的なしつけのひ…

続きを読む