雨でお散歩に行けない時の愛犬のストレス解消法・運動不足対策5つ

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 雨でお散歩に行けない時の愛犬のストレス解消法・運動不足対策5つ

2017-06-30

雨でお散歩に行けない時の愛犬のストレス解消法・運動不足対策5つ

01


雨が多くなる梅雨。愛犬の散歩に行けない日も増えてしまうでしょう。

しかし、犬にとって散歩はとても大切なものです。1日、2日くらいならまだしも、あまりに長い期間散歩に出かけられないとストレスが溜まってしまいます。

そんなときは、家の中で遊べるおもちゃを使ったり、ボール遊びをしたりして愛犬の運動不足とストレスを解消してあげましょう。今回は、梅雨の時期におすすめの遊び方を5つご紹介します。

雨で散歩に行けないのは犬にとってストレスになる

散歩にはさまざまな意味があります。室内飼いの犬であれば運動不足を解消する絶好の機会です。また、他の犬や人とコミュニケーションを取るチャンスでもあります。

犬のおしっこには犬同士にしかわからない情報がたくさん含まれており、犬はそのにおいをかぐだけで相手の犬種や性格を把握できると考えられています。他の犬と直接、面と向かって会わなくても、飼い主が知らないところでコミュニケーションを取っているのですね。

雨のせいでこういった機会が奪われるのは犬にとって大きなストレスになります。とはいえ、雨が降るかどうかはお天道さまの機嫌しだいですから、わたしたちにはどうしようもありませんよね。

ただ、愛犬のストレス解消法は散歩だけではありません。室内で一緒に遊んであげることで、十分ストレス発散になります。

雨の日のストレス解消法・運動不足対策5つ

02

それではどんなストレス解消法があるのかを見ていきましょう。

ボール遊び

ボール遊びといえば広い公園でするようなイメージですが、室内でも十分遊ぶことができますよ。もちろん、外で遊ぶよりはスケールが小さくなってしまいますが、家具を少しよけたりしてスペースを確保すれば、多少走り回れるくらいの広さは作れるでしょう。

ただ、中型犬以上になると大きさ的に厳しいかもしれません。

引っ張りっこ(綱引き)

タオルや毛布など、柔らかい素材のものを愛犬に噛ませて、引っ張りっこをするのもストレス解消に有効です。

引っ張りっこをしていると愛犬が興奮しすぎることがあるので、適度に休憩を取りながら遊ぶようにしてくださいね。

椅子を並べてトンネル遊び

家の中にある椅子をくっつけて並べれば、即席のトンネルができちゃいます。人の目から見るとチープな代物ですが、犬にとっては不思議な空間です。

好奇心旺盛な子なら大喜びでトンネルの中を走り回るでしょう。ボール遊びと組み合わせてみるのもきっと楽しいですよ。

知育玩具で遊ぶ

犬用のおもちゃの中には頭を使って遊ぶものもあります。中におやつが入っていて、少し頭を捻らないと中身が取り出せない知育玩具が代表的ですね。

ものによっては長い時間遊べるうえ、飼い主のいないところでも夢中になって遊んでくれるので手間がかかりません。遊んであげたいけど時間がない・・・そんなときに重宝するでしょう。

室内ドッグランに行く

十分な広さがある場所で、思いっきり走り回らせてあげたい場合は、室内ドッグランを検討してみましょう。もちろん雨の影響は受けませんし、他の犬や飼い主さんとコミュニケーションを取るキッカケも生まれます。

時間がある週末に愛犬と一緒にお出かけするのも楽しいですよ。

休ませることも大切

散歩に出かけられない分、たくさん遊んであげたくなりますが、愛犬の体力も考えてあげましょう。とくにボール遊びやおもちゃを使った遊びでは、飼い主はほとんど動く必要がないことが多いので、飼い主と犬の体力の消耗度には大きな差が出ます。

自分はまだまだ元気だからといって、愛犬の都合を考えないで遊ぶのはよくありません。疲れが残ってしまわないように、適度に休ませることも大切ですよ。

おわりに

梅雨の時期は思うように外で遊べませんから、人も犬もストレスが溜まってしまいがちです。

ただ、こんなときこそ頭を使って、室内でも楽しく遊べる方法を考えてみましょう。今回ご紹介した遊び以外で、オリジナルの遊び方を考えてみるのも楽しいですよ。

暑い夏本番を迎える前に、体力不足でへばってしまわないよう、定期的に運動するようにしましょうね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-07-21

老化や病気の早期発見のためにしてあげたい愛犬の健康チェック8項目

全ての動物は加齢とともに老化していきます。老化が進むと体の機能が衰え、さらにさまざまな病気にかかるリスクと向き合っていかなければなりません。 定期的に動物…

続きを読む

2017-07-21

愛犬にブラッシングをしてあげる4つの目的と頻度

愛犬へのブラッシング、定期的に行っていますか? ブラッシングの役割は毛並みを整えるだけではありません。愛犬とのスキンシップの機会になりますし、大きな病気の…

続きを読む

2017-07-21

シニア犬老犬のケガを防ぐためにしておきたい5つの対策

犬も年を取ると若いころのように体を動かせなくなります。ちょっとした段差でつまづいたり、なんでもない場所でこけてしまうようになるのです。 一方、それだけで済…

続きを読む

2017-07-21

粗相を叱る前に要確認シニア犬がトイレに失敗する原因と対策

年老いた犬が粗相をする、これは当たり前のことです。加齢によって生理機能や筋肉が衰えた結果、うまくおしっこができないだけであって、わざとやっているわけではありませ…

続きを読む

2017-07-21

愛犬と長く一緒にいるために早く気づいてあげたい老化のサイン8個

なんだか最近、愛犬の動きが鈍くなってきたような・・・。それは、もしかしたら老化のサインかもしれません。個体差はあるものの、おおよそ7~8歳くらいから徐々に老化が…

続きを読む

01

2017-06-30

犬は寒さに強く暑さに弱いってホント?犬の体温調整に関する基礎知識

犬は寒さに強いけれども、暑さには弱い、こんな話を聞いたことはありませんか?人と違って犬には分厚い被毛がありますから、これは当たり前のように思えますね。 た…

続きを読む