読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬が散歩を嫌がるのには理由がある!飼い主が気づいてあげたい4つのこと

コラム

f:id:urj:20170123175419j:plain

多くの人が犬は散歩が大好きであると思っているでしょう。実際、散歩の時間になると急に元気になり、飼い主を急かすようにはしゃぎまわる子がたくさんいます。しかし、中には散歩に行くことを嫌がり家から出たがらない子や、散歩の途中で立ち止まってしまう子もいるのです。

散歩を嫌がる子を無理に外に出すのもな・・・と、気がひける飼い主もいるかもしれませんが、散歩の回数を極端に減らすと毎日の運動量が減り、肥満やさまざまな病気の原因になりかねません。犬が散歩を嫌がるのには必ず何かしらの理由や問題があります。

その理由、問題を解決して、愛犬と一緒に仲良く散歩ができるようになりましょう。

犬が散歩を嫌がるのは理由がある

本来、犬は外を歩くのが大好きな動物ですから、散歩を嫌がるのにはその楽しさを超える嫌なことがあるのだと考えられます。そして、その散歩嫌いの原因を解決しないまま無理に連れ出そうとすると、散歩は嫌なものであると学習し、さらに家にこもりがちになってしまうでしょう。

以下では散歩を嫌がる理由、原因として代表的なものをいくつかピックアップしました。愛犬が散歩したがらない場合は、これらに心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

飼い主が気づいてあげたい4つのこと

外に慣れておらず車の音などが怖い

私たち人間と同じように、犬も未知の世界には恐怖心を抱くものです。小さいころならその恐怖心に好奇心が打ち勝ち、嬉しそうに外に飛び出していくのですが、そういった経験がないまま大人になってしまった子にとっては外に出ることそのものに抵抗感があるでしょう。

また、散歩の途中で嫌な出来事、つまりトラウマになるようなことがあった場合も散歩が嫌いになってしまうことがあります。

首輪のサイズが合っておらず苦しい

意外に盲点なのが首輪のサイズです。特にサイズが小さい場合、つけるだけでも苦しいのに、散歩中に飼い主に引っ張られて苦しさは倍増します。ある程度首周りに余裕をもった首輪を選ぶようにしましょう。

主従関係ができていない

犬はリーダーとして認めるものには忠実に従い、逆に立場が下のものにはやや横暴にふるまう習性をもつ動物です。つまり、愛犬がわがままをいったり、命令に従わなかったりする場合は飼い主をリーダーとして見ていない可能性があります。

こういった犬の階級づけは普段の行動から決定されるので、ご飯は飼い主より後にあげるなどして、飼い主は自分より偉い存在であると学習させましょう。

体調が悪い

散歩を嫌がるのは単純に体調が悪いから、という場合もあります。普段と比べて歩き方がおかしい、食欲がなく元気がないなど、異変が見られるときはケガやなんらかの病気である可能性があります。

散歩嫌いを克服するためには?

f:id:urj:20170123170455j:plain

以上が散歩を嫌がる代表的な4つの原因となっています。では、散歩嫌いを克服するためにはどうすればいいのでしょう。 以下で具体的な方法を見ていきましょう。

まずはケガや病気をしていないか確認する

これは散歩前のルーティンワークにすることをオススメします。ケガや病気のある状態で無理に散歩をさせると、病態を悪化させかねません。愛犬の体調は毎日チェックしてあげましょうね。

外を怖がる場合は徐々に慣れさせる

外の環境に慣れていない子の場合は、時間をかけて慣れさせていってあげましょう。最初は飼い主が抱っこして外出する、少し慣れてきたら徐々に散歩距離を長くする、などです。

他にも、特定の場所を歩くことを嫌がる場合は、そのエリアを避けて歩く、散歩のコースを変更するなど工夫してあげましょう。

飼い主が引っ張ってリードをしてあげる

わがままな子は疲れたり、散歩に飽きるとその場で立ち止まって動かなくなってしまうことがあります。しかし、「仕方ないなぁ」と抱っこをするなど、飼い主が犬を甘えさせてしまうとよりわがままになり、最終的に主従関係が逆転してしまい、普段の生活にも支障が出てきます。

ケガや病気の場合は別ですが、単純にわがままが原因のイヤイヤに対してはやや強気にリードを引っ張るなど、しっかりしつけをおこないましょう。

おわりに

健康的な生活を送るためにも、犬にとって散歩はなくてはならないものです。散歩を嫌がる場合はその原因を取り除いてあげることが大切です。そして、散歩嫌いの原因を見つけるために日頃から愛犬をよく見る癖をつけておきましょう。少しの異変でも素早く気づくことができるようになれば、ケガや病気の予防、早期発見にもつながりますよ。

また、まれに家の中で遊ぶのが大好きで外に出たがらない子もいます。愛犬の性格をしっかり把握するのも大切です。

この記事を書いた人

明石照秋

獣医師免許を所持しています。普段はギターを弾いたり、ひたすら寝たりして過ごすインドア派です。せっかくのフリーランスなので趣味や行動範囲を広げたいと考えています。その経験をお仕事にも活かせられればなーって思ったりも。個人ブログ「獣医師ライター、明石のブログ」を運営中。実体験をもとにのんびり更新しています。

お仕事のご依頼はこちらまで→teruaki.piano@gmail.com

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.