読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sサイズのワンちゃん服の選び方

f:id:azsmile:20161013181946j:plain

犬の洋服は非常にサイズバリエーションが多いと言われています。人間のアパレルに比べ、一つのアイテムにおけるサイズ展開数が格段に多いからです。

中でも、小型犬向けのSサイズは小さいながらもデザインが豊富で、様々なデザインが季節ごとに並び、選ぶ楽しみがあるサイズです。

おすすめの犬種は

一般的にSサイズの対象となる犬種は、チワワ、ヨークシャテリア、 ポメラニアン、 パピヨン、 トイプードルなどです。実はこの犬種はみな、被毛が一枚仕立ての犬種です。 つまりは、外見は華やかで、毛量も豊富に見えていても、防寒機能のあるアンダーコートがない事から寒さに弱いのです。 このタイプの犬種は、特に冬の寒暖差が苦手です。冬でも家族と共に過ごす室内は快適で、暖かいものです。

 

しかし、散歩の為に一歩外にでると、室内とのあまりの寒暖差に体調を崩してしまう事があるのです。 特にシニアや子犬は要注意です。 もちろんこれらの犬種も本来は、ある程度の寒さに耐える事が出きるのです。しかしそれは、徐々に寒さが増し、体が寒さになれる事で厳しい寒さに耐えられるようになるのです。 暖かい部屋から突然屋外へでて、まるで季節ごと変わったかのような急激な寒暖差は当然の事ながら苦手なのです。

 

また、小型犬向けのSサイズの場合、大抵は襟ぐりを狭く作り、動きまわる中で脱げてしまわないように工夫されている事が多く見られます。 フレンチブルドッグやパグなどの小型件ながらも頭部が大きい犬種の場合、サイズが合わない事もあるので、愛犬の実際のサイズ、ジャスト洋服のサイズを把握しておきましょう。

ジャストサイズを知っておくこと

犬の洋服のサイズ展開は、人間のS,M,Lの基準ように明確なものはなく、製造メーカー各社によって差異があります。 気にいった洋服を購入したものの、サイズが合わない、着せると嫌がるという事にならないように、愛犬のジャストサイズを知っておくとよいでしょう。

 

ジャストサイズを知るには、愛犬の体をそのまま計測することももちろんですが、ジャストサイズの洋服の襟ぐりのサイズを測る、袖の長さを図る、着丈を最大、最小の両方で測る事が必要です。 こうする事で、メーカーやデザインが変わっても愛犬のジャストサイズを購入する事が出きるからです。

 

洋服の中には、サイズの目安として体重を用いているメーカーも見られますが、やはり買い間違え、サイズミスを完全に防ぐためには、事前の計測が何よりでしょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.