読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パピヨンの性格タイプとジャストな洋服の選び方

f:id:azsmile:20160728113145j:plain

小型犬といえば、大人しくて、のんびりしていてと思われがちですが、パピヨンはその優雅な見た目とは裏腹にとても活発で、元気一杯、やんちゃな性格です。 遊ぶ事も大好きでボール投げをしたり、中にはアジリティに挑戦する子も多いほどです。

 

パピヨンの被毛はとても柔らかく、毛量もさほど多くはないのですが、意外にも抜け毛の量が多いので驚かれる方もいる事でしょう。

 

小型犬なので何かと抱き上げる事も多いでしょうから、飼い主の洋服に抜け毛がついてしまわないように洋服を活用するという方法がおすすめです。

洋服選びのポイントは

パピヨンの洋服選びのポイントは、「実際のサイズ」を把握しておくことです。パピヨンは本来3kg前後が標準的なサイズとされていますが、非常にサイズのばらつきがあり、5kg以上に成長する事も珍しくありません。ですから、洋服選びも実際のサイズで選ぶ事が大切なのです。

 

愛犬の「胴周り」「首輪周り」「首から尾の付け根までの長さ」を事前に測っておくと、洋服選びにとても役立ちます。 製品によってはタグに「パピヨン用」と書かれている場合もありますが、メーカーによって基準としているサイズが異なっているので、あくまでも参考程度に考えておきましょう。

 

5kg以上のパピヨンの場合、胴周りが細く、首から尾までの長さがある程度ある場合には、 ダックス用の洋服がジャストサイズになる場合もあるのでチェックしてみるといいでしょう。

寒さに弱いパピヨン

パピヨンの被毛はシングルコートと呼ばれる一枚仕立ての構造になっています。薄い布を一枚体にまとっているような状態です。 (柴犬などは寒さ対策の為に、短い綿毛との二枚仕立てになっています。) この被毛は、風通しはいいものの、保温効果が無いので、寒い時期になると体が震えてしまったり、寒くて運動量が減ってしまったりという事もありがちです。

 

冬場、室内でエアコンを稼働させていても、暖かい空気は天井付近に集まってしまい、足元で暮らしているパピヨンが寒い思いをしている事もあるものです。パピヨンが室内で丸くなりうずくまっている、震えている、鼻水が出ていうなどの様子が見られる時には、Tシャツなどの薄手の洋服を一枚着せてあげましょう。

 

また、暖かい部屋から散歩やお出掛けにと外出する時には、その急激な気温差が負担となり風邪をひいてしまう事もあるほどです。冬場に急な気温差が生じてしまう場面では、厚手の洋服を着せて少しでも負担を軽減してあげましょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.