粗相が多いワンちゃんにはマナーベルトを着せてあげると安心!使い方と注意点を解説

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 粗相が多いワンちゃんにはマナーベルトを着せてあげると安心!使い方と注意点を解説

2017-03-30

粗相が多いワンちゃんにはマナーベルトを着せてあげると安心!使い方と注意点を解説


f:id:urj:20170330165604j:plain

きちんとしつけていたのに公共の場所で粗相をしてしまった・・・、ワンちゃんを飼っている人なら一度は経験があるのではないでしょうか。実は、こういった粗相はしっかりしつけをしていたかどうかの問題ではないことがあります。というのも、これはマーキング行動の一種であるため、普段のトイレのしつけでは対応できないからです。

マーキングは本能的な行動であるため、しつけたとしても意味がないということはままあります。去勢手術をすれば多くの場合ピタリと止まるのですが、子どもが欲しいから去勢させたくないという人もいるでしょう。

こんなときに役立つのが「マナーベルト」です。マナーベルトとは簡単に説明すると犬用のおむつだと思ってください。今回はマナーベルトの使い方や注意点について詳しく解説していきます。

マナーベルト(マナーバンド)とは

マナーベルトはマナーバンドという名前で販売されていることもありますが、使い方はどちらも同じです。マナーベルトはおむつのようなもので、着用して外出することでお出かけ先での粗相を防止できます。

ひと目ではおむつだとわからないようにデザインされているため、飼い主としても使いやすいです。傍から見ればちょっとオシャレな犬用服を着ている感じに見えるものもあります。

マナーベルトはこんな時に使える

外出先、とくに公共の場所へ出かけるときにとても便利です。たとえば、デパートやショッピングモールに愛犬を連れて行くときや、ドッグランへ遊びに行くときに着けておくと安心感が違います。最近はマナーベルトの着用が必須なドッグランも増えてきているので、一つは用意しておいたほうがいいかもしれませんね。

マナーベルトを着けていれば愛犬の粗相で周囲に迷惑をかける心配がなくなります。ですから、愛犬だけでなく飼い主ものびのびとお出かけを楽しむことができるでしょう。愛犬の粗相が気になっている人に、ぜひオススメしたいアイテムです。

マナーベルトの使い方

f:id:urj:20170330165443j:plain

使い方はとてもカンタンで、愛犬の腰回りにはらまきのようにマナーベルトを通すだけです。そして、おしっこが出る場所をしっかりカバーできるように着ける位置を調節してあげてください。

マナーベルトにはいくつかサイズがありますが、必ず愛犬の体にピッタリとフィットするものを選びましょう。大きすぎるものでは着用中にズレておむつとしての機能を果たさなくなってしまいますし、小さすぎるものでは愛犬にとってストレスになります。

そのため、一度ペットショップなどで試着してみて、愛犬に合うマナーベルトのサイズを測ってみるとよいでしょう。あとは試着した場所でそのまま購入してもよいですし、ネット上のオンラインショップで購入するのも手です。

マナーベルトの注意点

マナーベルトを使ううえでの注意点は主にふたつです。

まずひとつ目に、マナーベルト着用中におしっこをしたら適時ベルトを交換してあげましょう。そのままつけっぱなしにしているとベルトに触れている部分の皮膚がかぶれてしまい、皮膚病になってしまう可能性があります。また、あまりに長時間の着用も同様の危険があるので、必要なときだけ着けるという意識を持ってマナーベルトを使ってください。

ふたつ目の注意点は、普段からしっかりトイレのしつけをしてあげる必要がある、ということです。マナーベルトがあるならトイレのしつけは必要ないのではないか?と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、決してそうではありません。

上述したように、ずっとベルトを着けているのは健康面でもよくありませんし、なによりしつけを怠ると愛犬との正しい信頼関係を築くことのさまたげになります。犬は順位つけを行う動物です。そのため、正しくしつけないと自分のほうが飼い主より立場が上であると勘違いしてしまい、問題行動を起こすようになってしまうこともあるでしょう。

しっかりしつけができているのは前提条件で、マナーベルトはあくまでサポートとして使うと意識が大切です。

おわりに

犬の粗相は飼い主にとって深刻な問題です。粗相をしてしまうかもしれないという不安のもとでは、愛犬とのお出かけも心から楽しめないでしょう。

マナーベルトを着用していればこういった心配をすることもなくなります。愛犬の粗相で困っている人はぜひ検討してみてください。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-07-21

老化や病気の早期発見のためにしてあげたい愛犬の健康チェック8項目

全ての動物は加齢とともに老化していきます。老化が進むと体の機能が衰え、さらにさまざまな病気にかかるリスクと向き合っていかなければなりません。 定期的に動物…

続きを読む

2017-07-21

愛犬にブラッシングをしてあげる4つの目的と頻度

愛犬へのブラッシング、定期的に行っていますか? ブラッシングの役割は毛並みを整えるだけではありません。愛犬とのスキンシップの機会になりますし、大きな病気の…

続きを読む

2017-07-21

シニア犬老犬のケガを防ぐためにしておきたい5つの対策

犬も年を取ると若いころのように体を動かせなくなります。ちょっとした段差でつまづいたり、なんでもない場所でこけてしまうようになるのです。 一方、それだけで済…

続きを読む

2017-07-21

粗相を叱る前に要確認シニア犬がトイレに失敗する原因と対策

年老いた犬が粗相をする、これは当たり前のことです。加齢によって生理機能や筋肉が衰えた結果、うまくおしっこができないだけであって、わざとやっているわけではありませ…

続きを読む

2017-07-21

愛犬と長く一緒にいるために早く気づいてあげたい老化のサイン8個

なんだか最近、愛犬の動きが鈍くなってきたような・・・。それは、もしかしたら老化のサインかもしれません。個体差はあるものの、おおよそ7~8歳くらいから徐々に老化が…

続きを読む

01

2017-06-30

犬は寒さに強く暑さに弱いってホント?犬の体温調整に関する基礎知識

犬は寒さに強いけれども、暑さには弱い、こんな話を聞いたことはありませんか?人と違って犬には分厚い被毛がありますから、これは当たり前のように思えますね。 た…

続きを読む