読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルチーズの性格タイプとジャストな洋服の選び方

f:id:azsmile:20161013181239j:plain

マルチーズといえば、元祖愛玩犬と呼ぶにふさわしい犬種です。愛くるしい外見はもちろんの事、性格は穏やかで争い事を嫌い、飼い主にとても従順です。飼い主以外の人間や他の犬とは適度な距離を保ちつつ、基本的には平和にマイペースに過ごす事を好みます。

ペットとして人気の犬種ですが、小さな子供の遊び相手をする事よりも、大人と共に生活をし、のんびり、ゆったりとして生活を好む傾向があります。

 

マルチーズの被毛は、長く細い被毛の一枚仕立てです。元来、屋内で生活をする事を前提に作られた犬種であるため、防寒の為の密集した短い被毛が生えていないのです。 このため、冬の寒さや夏のエアコンが苦手なこともあるので、洋服は季節に合わせて上手に取り入れてゆきたいものです。

洋服選びのポイントは

マルチーズは、頭部が小さいので小型犬用の洋服であればどのようなデザインでもスムーズに脱ぎ着が出来るでしょう。 足がやや短い犬種なので、袖の長いデザインの場合、動き回るうちに袖から手が抜けてしまう事もあります。

 

また、ボトムスが一体化になっているデザインの洋服の場合、裾の長いデザインはあまりおすすめできません。 マルチーズはオス、メスで体のサイズが大きく異なる犬種でもあります。オスの場合、中には大柄に育ち、マルチーズサイズの洋服では着丈が足りないという場合もよくあるものです。このような場合、胴が細い事から、ダックス用の小さ目なサイズを選ぶと、着丈がちょうどいい場合があるので、ぜひサイズ選びの際に合わせてチェックしてみましょう。

細い被毛に摩擦は大敵

マルチーズの被毛はとても細く、柔らかい毛質です。この毛質の特徴は、摩擦によって絡まりやすいことです。洋服を頻繁に着せる事で、脇や首周り、お腹周りの被毛がからまってしまい、気が付けば毛玉になってしまうものです。特に脇の部分は要注意です。

 

この摩擦による毛玉を防ぐために、脇や内またなどの毛玉が出来やすい部分は、洋服を脱がせる時に同時に軽くブラシを済ませる事で予防する事が出きます。

 

また、トリミングを利用する際には、体や足の部分のカットは長目にし、脇や内股など外見からは見えない部分をバリカンで短く切る事によって、毛玉やブラッシングの手間を省く事が出きます。 マルチーズは非常に寒さに弱い犬種なので、冬は特に散歩に出る時に上着を一枚はおらせてあげるとよいでしょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.