読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mサイズのワンちゃん服の選び方

f:id:azsmile:20161013184111j:plain

実は日本で飼われている犬の大半は、小型~中型の中間である「Mサイズ」の犬達です。 体重では5kg前後が目安です。このサイズ感が日本の住宅環境やライフスタイルにおいて、共に暮らすうえでも、小さすぎず、大きすぎずジャストなサイズと言えるのでしょう。

また犬種によっては、血統証上は、成犬時のサイズが2,3kgと定義されている場合でも、実際には5kg前後に収まる事が多いものです。 Mサイズはペット用品の分野においても一番頭数の多いサイズなので、豊富な種類から探すことができます。

 

ただMサイズ、中型という概念には受け止め方に差があります。例えば5kg未満は小型犬、Sサイズとする場合や、Sサイズは3kg未満とする考え、5kg~15kgまでを中型とするなど非常に曖昧で幅の広い言葉でもあるのです。

おすすめの犬種は

Mサイズがおすすめの犬種は、マルチーズ、トイプードル、シーズ、ミニチュアピンシャーなどです。特にこれらの犬種のオスは体重が5kgを超える事も当然とされています。

 

Mサイズの洋服はデザインの豊富さが魅力です。デザインは色柄だけでなく、袖付きのデザイン、またその袖の長さ、トップスとボトムスがセットになったデザイン、ボトムスにサスペンダーが付いたデザインなども見られます。このようにデザインに遊び心が溢れ、飼い主とのお揃いコーディネートも楽しめるほどです。

 

Mサイズの場合、犬自身も首や手足が長い犬種が多いので、洋服の着こなしはスマートでお洒落度の高い仕上がりになるでしょう。

メーカーによってサイズにバラツキが

Mサイズを購入する際のポイントは、メーカーによってMサイズの規定が異なる事です。 あるメーカーは体重5kg前後のマルチーズ、トイプードル、シーズ、ミニチュアピンシャーや小柄なダックスを想定するものです。

 

しかしまた別のメーカーはMサイズといえば柴犬サイズを想定している場合もあります。 このように、Mサイズという部門はとても曖昧で、必ずしも共通の認識ではないのです。 愛犬の体重が5kgを超え、極小サイズの洋服ではなく、Mサイズを探す場合には、事前にジャストフィットな洋服を参考にサイズを計測し、実際の商品と比較の上購入する事をおすすめします。 洋服のタグや説明書きに対象となる犬種の記載がある場合もありますが、非常にふり幅が大きい事をしっかりと憶えておきましょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.