犬に”伏せ”を覚えさせる理由&”伏せ”のトレーニングの仕方

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 犬に”伏せ”を覚えさせる理由&”伏せ”のトレーニングの仕方

2017-05-30

犬に”伏せ”を覚えさせる理由&”伏せ”のトレーニングの仕方


犬の「ふせ」のしつけは上手くいっていますか?「ふせ」は基本的なしつけの一つなので、できるだけ早くトレーニングしておきたいところです。

ただ、命令をしても一向に言うことを聞いてくれない、ということもあるでしょう。犬は人の言葉を理解できないので、いくつかのステップを踏んで命令の意味を理解させる必要があります。

今回は、犬に「ふせ」を教えるための具体的なトレーニング方法について解説していきますので、参考にしてくださいね。

犬に「ふせ」を覚えさせる理由

そもそもどうして犬に「ふせ」を教えなければいけないのでしょうか?その理由は、犬にとって「ふせ」の体勢はリラックスできるものであり、長時間待たせる場合には「待て」をさせるよりも体力の消耗が少ないためです。

また、「ふせ」ができていると、他のしつけがよりスムーズに行えるというメリットもあります。愛犬との正しい主従関係を作るためにも重要なので、しっかりトレーニングしていきましょう。

「ふせ」のトレーニングの仕方

それでは具体的なトレーニング方法について解説していきます。おやつを使ったほうが上手くいきやすいので、訓練前に準備しておきましょう。

指示語(コマンド)を統一する

「ふせ」をさせるためには、愛犬に向かって命令をする必要がありますよね。その際に発する言葉はなんでもいいのですが、必ず家族全員が同じ言葉を使うようにしましょう。

犬は言葉の意味を理解できませんから、同じ意味の言葉であっても音が違えば全く別の命令だと捉えてしまいます。そのため、家族内でバラバラの命令をしていると、犬は混乱してしまい、しつけが上手くいかないでしょう。

一度命令を決めたら、それを家族内で共有し、コロコロ変えないようにしてくださいね。

おやつを使って誘導する

「ふせ」の命令を聞いて、いきなり伏せの体勢が取れる子はごく少数か、全くいないといっても過言ではありません。犬の頭の中では「ふせ」という命令と、実際に伏せることが繋がっていないためです。

まずは、「ふせ」という命令を聞いたら、このポーズを取らなければいけないんだな、ということを理解させましょう。

おやつを手に持ち、それを犬の顔の前に持っていきます。犬はおやつに興味をもち、匂いをかぐために鼻を近づけてくるはずです。

おやつに注目していることを確認できたら、おやつを持った手を「ゆっくり」真下に降ろしていきましょう。すると、それにつられて犬はお座りに近い体制になりますね。

その後さらに、おやつを持った手を「ゆっくり」犬から地面と平行にして遠ざけていきます。これにより、犬は鼻を前に突き出し、自然と伏せの体勢になっているはずです。

これができたら「ふせ」と命令し、すぐにおやつをあげ、思いっきり褒めてあげましょう。
これを繰り返すことにより、「ふせ」という言葉が聞こえたら良いことが起きると犬は学習していきます。

おやつなしでも「ふせ」ができるように訓練する

「ふせ」のたびにおやつをあげていては太ってしまいますし、飼い主としても大変です。慣れてきたらおやつなしでも「ふせ」ができるように訓練していきましょう。

やり方は簡単で、おやつを持たずに同じ動作をし、成功したらおやつを出し、食べさせてあげます。そして徐々におやつをあげる頻度を減らしていけば、最終的にはおやつなしでも「ふせ」ができるようになるはずです。

また、今まではおやつで釣る→指示語→ご褒美という順番でしたが、途中から指示語→おやつで釣る→ご褒美の流れに変更しましょう。

これにより、犬の頭の中で「ふせ」という命令を聞く→伏せのポーズを取るという思考回路が生まれ、よりスムーズに「ふせ」ができるようになります。

おわりに

犬のしつけには根気が必要です。

短期間のうちにできるようになる子もいれば、数ヵ月単位で時間がかかってしまう子もいます。それでも、諦めずにトレーニングしていれば、いずれはできるようになりますから、愛犬と一緒にじっくり訓練に取り組みましょう。

犬の集中力は1時間程度しか持たないといわれているので、一日の訓練時間はそれを目安にしてくださいね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-11-25

犬は一日の大半寝ている、犬の睡眠に関する基礎知識

うちの子はよく寝るなーと思ったことはありませんか?さっき寝ていたのに、気づけばまた寝ている、それは犬の習性の一つです。 とにかく元気なイメージのある犬とい…

続きを読む

2017-11-25

愛犬と一緒に新幹線に乗る時の注意点〜ルールとマナー〜

ペットと長距離移動する際、ネックになるのが移動手段。自家用車があれば問題ないことも多いですが、公共交通機関を利用する場合はルールやマナーをしっかりチェックしてお…

続きを読む

2017-11-25

リードは愛犬を守る命綱!リードの種類と選び方を詳しく解説

犬を飼うならリードは必要不可欠です。たとえ室内飼いするつもりであっても、なんらかのタイミングで外出が必要になることもあるので、リードトレーニングは忘れずに行って…

続きを読む

2017-11-25

犬用スリング(抱っこひも)のメリットと選び方

愛犬と外出する際、リードを着用して出かけるのが最もメジャーです。ただ、リードは散歩時には有効ですが、乗り物に乗って移動するときや、人が多い場所に出かけるのには向…

続きを読む

2017-11-25

犬にとってのエリザベスカラーの必要性と着用時の注意点

術後しばらくは、エリザベスカラーという器具の装着が必要になります。なんだか不恰好ですし、動きづらそうでかわいそうに思えるかもしれません。 ただ、カラーの装…

続きを読む

2017-11-24

犬が口にすると危険な植物がある!犬にとって有毒で身近な植物10個

散歩中、犬はさまざまなものに興味を示します。見ていて微笑ましいですが、中には愛犬に危険が及ぶものもあり、飼い主は愛犬の行動をしっかり観察しておくべきです。 …

続きを読む