愛犬のしつけをする前にまずアイコンタクトを覚えさせよう!トレーニングの仕方を解説

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 愛犬のしつけをする前にまずアイコンタクトを覚えさせよう!トレーニングの仕方を解説

2017-03-30

愛犬のしつけをする前にまずアイコンタクトを覚えさせよう!トレーニングの仕方を解説


f:id:urj:20170330172333j:plain

犬はしつけが肝心!まずは基本の待てやお手から・・・と思っていませんか?実はそれら以上に大切なしつけがあります。それは「アイコンタクト」です。本格的なしつけに入る前には、まずアイコンタクトがある程度できるようにしつけておく必要があります。

アイコンタクトとは目と目が合うことですが、飼い主と犬にとってはそれだけの意味ではありません。アイコンタクトが成立しているとき、犬はこちらに注目しています。つまり、飼い主からの指示を待っている状態になっているのです。

これができていないと、犬は飼い主の言うことをまともに聞いてくれませんから、しつけのトレーニングも難航してしまいます。しつけの第一歩として、まずは愛犬としっかりアイコンタクトができるようになりましょう。

アイコンタクトを覚えさせる必要性

アイコンタクトを覚えさせるのはしつけのためだけではありません。他にもさまざまな大切な理由があります。

その中でも重要なのが、愛犬に飼い主との上下関係を覚えさせることです。犬は上下関係の中で生きる動物ですから、周囲の動物全てに順位付けを行います。もし、飼い主より自分のほうが立場が上であると勘違いしてしまったら、もう大変です。無駄吠えや飼い主の言うことを無視するなどの問題行動を起こすようになってしまいます。

そうならないためにも、一番最初にアイコンタクトを覚えさせることが重要です。アイコンタクトのしつけを行っていく過程で、一緒に上下関係を覚えさせることもできるからに他なりません。

また、犬はアイコンタクトをする際に今行っている行動をストップする習性があります。そのため、愛犬の名前を呼んで瞬時にアイコンタクトができるようになれば、事故に巻き込まれたり周囲に迷惑をかけたりするリスクを減らせるでしょう。

アイコンタクトのトレーニングの基本

それでは、アイコンタクトのトレーニング方法について解説していきます。

アイコンタクトは目と目が合うことですが、これを飼い主の任意のタイミングでできるように犬をしつけることです。具体的には、愛犬の名前を呼んですぐにアイコンタクトができるようになれば合格と考えてください。また、しっかりアイコンタクトができたらご褒美をあげましょう。

犬は出来事と感情をリンクさせて学習する生き物です。ですから、名前を呼ばれたときにアイコンタクトをすれば嬉しいことが起きると覚えさせることで、より効率的にしつけを行うことができます。

アイコンタクトのトレーニングの仕方

f:id:urj:20170330172335j:plain

ここからはさらに具体的なトレーニング方法について解説していきますね。

集中できる環境から始める

犬の集中力は決して高くなく、周囲のものにすぐ気を取られてしまいます。そのため、まずはアイコンタクトのみに集中できる環境でトレーニングを開始しましょう。

人通りの少ない通りや家の中で行うのが理想です。

近くにいる状態で呼びかける

飼い主が近くにいればいるほど犬は飼い主に注目しやすくなります。そこで、最初のうちはできるだけ近づいた状態でトレーニングを行ってください。

犬の目の前に立って名前を呼び、すぐに目が合えば合格です。これが100%に近い確率で成功するようになるまでトレーニングを積み重ねていきましょう。

そっぽを向いているときに呼びかける

近くにいるときのアイコンタクトができるようになったら、次は犬の注目が別のところにあるときでもすぐにアイコンタクトができるように訓練します。

愛犬が大好きなおもちゃやおやつを片手に持ち、そちらに気がいっているときに名前を呼んですぐにアイコンタクトができれば上々です。

気が散る場所で呼びかける

最後に実践編です。人通りの多い通りや公園などで、いつもと同じようにアイコンタクトができるようにトレーニングしましょう。外で訓練する場合は必ずリードをつけるようにしてください。何かに驚いたり好奇心を煽られたりしてどこかに走り去ってしまう可能性があるためです。

犬の集中力は平均で15分程度、長くても30分ほどといわれているので、その時間を目処にトレーニングを行います。犬のペースに合わせて、焦らずじっくり行うことが大切ですよ。

おわりに

言葉が通じない相手にしつけを行うのは大変です。なかなか上手くいかなくてイライラすることもあるでしょう。また、近所のあの子はすぐにできていたのに、と焦ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、犬にも個性があり、物覚えが早い子もいれば遅い子もいます。飼い主が焦ったりイライラしたりすれば、それは愛犬にも伝わり、余計な不安を与えてしまってはかわいそうですよね。

地道にトレーニングを積んでいけばいつかは必ずできるようになるはずです。しっかりコミュニケーションを取りながらしつけてあげましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-05-30

犬の唸りは状況によって理由が異なる!犬が唸る8個の原因

犬はたびたび「ウーッ!」という唸(うな)り声をあげることがあります。「唸り声をあげる=機嫌が悪い」とつい考えてしまいがちですが、唸る原因は必ずしもそれだけではあ…

続きを読む

2017-05-30

運動不足解消や老化防止にもなる!愛犬に教えたい8個の芸

犬に対して行う命令と聞くと、「待て」や「お座り」をイメージする人も多いのではないでしょうか?実際、これらは基本的なしつけであり、日常生活で使う場面も多いので、代…

続きを読む

2017-05-30

愛犬と楽しくトレーニングしたい!犬のしつけ教室の選び方

飼い犬に適切なしつけを行うのは飼い主としての義務です。とはいえ、必ずしも飼い主本人がしつけをしなければならない、というわけではありません。 最近は犬のしつ…

続きを読む

2017-05-30

愛犬が夜になると鳴き出すには理由がある、犬の夜鳴きの原因と解消法まとめ

犬の問題行動の一つに無駄吠えがあります。その中でも夜鳴きはとくに厄介で、近所に多大な迷惑をかけてしまうことはもちろん、飼い主としてのストレスもとても大きなもので…

続きを読む

2017-05-30

主人は飼い主?それともワンちゃん?愛犬との主従関係がわかる6つのチェック項目

犬は順位付けを行う動物として有名ですね。これは犬としての本能で、しつけやトレーニングを行ってもこの習性をなくすことは不可能です。 とはいえ、飼い主のほうが…

続きを読む

2017-05-30

拾い食い防止のために覚えさせたい!!犬に”はなせ”を覚えさせる方法

しつけの種類にはさまざまなものがあります。それらの中でも、基本的なものについてはしっかりしつけを行っておきたいところです。 「はなせ」も基本的なしつけのひ…

続きを読む