運動不足解消や老化防止にもなる!愛犬に教えたい8個の芸

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 運動不足解消や老化防止にもなる!愛犬に教えたい8個の芸

2017-05-30

運動不足解消や老化防止にもなる!愛犬に教えたい8個の芸


犬に対して行う命令と聞くと、「待て」や「お座り」をイメージする人も多いのではないでしょうか?実際、これらは基本的なしつけであり、日常生活で使う場面も多いので、代表的なしつけの一つであると言っても過言ではありません。

ただ、犬のしつけには他にもさまざまなものがあります。日常生活でも役立つものから、まさに「芸」だと言えるものまで、多種多様です。

今回は、犬に覚えさせられる芸を8個ご紹介します。

犬に芸を覚えさせるのは運動不足解消や老化防止にもなる

犬に芸を覚えさせるのは一見、なんの役にも立たないように思えますが、そんなことはありません。

芸の種類によっては大きく体を動かすことになるので、運動不足解消にもってこいですし、新しくものごとを覚えようとすることで、老化の防止やボケ防止が期待できると考えられています。同時に愛犬との仲もより深められるでしょう。

もちろん基本的なしつけを優先的に行うべきですが、それらがひと段落したら、以下で紹介するものの中からいくつかピックアップして、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

犬が覚えられる芸の種類

ふせ

「ふせ」は比較的よく使う動作なので、しっかり教えておきましょう。

まずは、おやつを鼻先に持っていき、そのまま真下にズラしてください。地面すれすれになったら、今度は鼻先から遠ざけるようにおやつを移動させていきます。

これにより、自然と伏せの体勢になるので、ここで「ふせ」と命令し、しっかり褒めてあげましょう。この流れを繰り返すことで「ふせ」ができるようになっていきます。

ゴロン

「ゴロン」とは、仰向けになって寝そべり、飼い主にお腹を見せている状態を指します。

伏せの状態からおやつで誘導し、ゴロンの体勢になったら褒めてあげることで、徐々に「ゴロン」を覚えていきますよ。

おいで

「おいで」はボール遊びと合わせて教えると上手くいきやすいです。

ボールを投げ、拾ってこちらに戻ってきたら褒めてあげる、これを繰り返すことで「おいで」ができるようになっていきます。

持ってこい

これもボール遊びのときに一緒に教えてしまいましょう。「おいで」とセットで教えるとより効率的です。

ボールを投げると同時に「持ってこい」と命令し、「おいで」で飼い主のもとに戻ってきたらたっぷり褒めてあげましょう。

下がれ

「下がれ」は散歩の際に役立つので、ぜひ教えておきましょう。教え方は、散歩時に愛犬が飼い主の前に出たら「下がれ」と言って、足を止めるだけです。

飼い主より前を歩くと散歩が中断することを学習すれば、下がれの指示で散歩のペースを調整できるようになります。

ちょうだい

「ちょうだい」は食べてはいけないものをくわえたときや、おもちゃを回収するときに使います。

「はなせ」とほぼ同じ意味の命令になるので、「ちょうだい」、「はなせ」のどちらで指示するのかを統一しておきましょう。

ジャンプ

「ジャンプ」は完全に芸の一つですね。日常生活で使う場面はほぼありませんが、愛犬とのスキンシップのために教えるのもアリだと思います。

おやつを犬が立ってもギリギリ届かない場所に持っていき、「ジャンプ」と指示しましょう。

ただ、ジャンプは足の関節に大きな負担がかかるため、足を痛めている子には絶対に強要しないでください。また、たとえ元気な子であっても、一日に何度もジャンプさせるのはおすすめしません。

死んだフリ

これも完全に芸ですね。やや難易度が高く、賢い子でないと完璧に演じるのは難しいでしょう。

愛犬とじゃれあいながら気楽に教えていきましょう。

おわりに

しつけや芸を教える際には「待て」といった指示語で命令をします。この指示語は一つの動作につき一つになるよう統一しておきましょう。

「待て」や「止まれ」など、一種類の動作に対して複数の指示語があると、犬は混乱してしまいます。

というのも、犬は言葉の意味を理解できないためです。指示語がバラけると命令を覚えられないだけでなく、以前教えたしつけまでできなくなってしまう可能性があります。

よくあるパターンが家族内で命令が統一されていない、というものなので、一度話し合って指示語は一つに決めることが大切です。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-07-23

愛犬が嬉しくておしっこしてしまう犬が嬉ションをする原因とその対策

犬は、飼い主に褒められたり、数時間ぶりに再開したりすると、嬉しさのあまりおしっこを漏らしてしまうことがあります。だばーっと漏らすわけではなく、ちょっとだけなので…

続きを読む

2017-07-23

年をとった愛犬のために。シニア犬老犬の介護に役立つ6つのグッズ

犬も人と同じように加齢によって老化し、ときには介護が必要になることもあります。介護に一番大切なのは思いやりの気持ちともいわれますが、やはりお役立ちグッズがあれば…

続きを読む

2017-07-23

愛犬を笑顔にするためにしてあげたい犬が喜ぶ7つのこと

愛犬にもっと喜んでもらいたい!これは、犬の飼い主なら誰もが思っていることでしょう。毎日しっかりお世話をしてあげて、スキンシップを取るだけでも愛犬は大喜びしてくれ…

続きを読む

2017-07-23

夏は散歩中の熱中症に注意夏に愛犬と散歩する時の暑さ対策5つ

毎日の散歩を楽しみにしているワンちゃんは多いです。どれだけ暑かろうと、または寒かろうと、散歩に連れて行ってとせがまれている飼い主さんはきっと少なくないでしょう。…

続きを読む

2017-07-23

梅雨・夏は愛犬の食べ物の管理に注意食中毒を防ぐためにすべき6つのこと

また夏がやってきますね。暑さ対策は万全ですか?熱中症や日射病にばかり意識がいきがちですが、食中毒についても十分に注意しなければなりません。 温度、湿度がと…

続きを読む

2017-07-21

老化や病気の早期発見のためにしてあげたい愛犬の健康チェック8項目

全ての動物は加齢とともに老化していきます。老化が進むと体の機能が衰え、さらにさまざまな病気にかかるリスクと向き合っていかなければなりません。 定期的に動物…

続きを読む