愛犬と楽しくトレーニングしたい!犬のしつけ教室の選び方

犬服通販サイトTOP > わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 愛犬と楽しくトレーニングしたい!犬のしつけ教室の選び方

2017-05-30

愛犬と楽しくトレーニングしたい!犬のしつけ教室の選び方


飼い犬に適切なしつけを行うのは飼い主としての義務です。とはいえ、必ずしも飼い主本人がしつけをしなければならない、というわけではありません。

最近は犬のしつけ教室や訓練所も増えてきており、そこにお任せするのも一つの選択肢です。

ただ、一言にしつけ教室と言っても名称や提供サービスは多種多様で、どれを選ぶべきなのかわからない、という人もいるでしょう。そんな人のために、愛犬に合ったしつけ教室を選ぶポイントを解説していきます。

しつけに対する考え方はスクール、トレーナーによって違う

しつけに対する考え方、姿勢はスクールによって大きく違います。ですから、基本的なことが一通りできればいいのか、それとも応用的なことまでばっちりマスターさせたいのかによって、通わせるべき教室は大きく変わってくるでしょう。

また、同じスクールに所属しているトレーナーであっても、やはりしつけの厳しさ、やり方にはある程度の違いがあります。教室だけで判断するのではなく、誰が担当してくれるかまで考慮して選びたいところですね。

犬のしつけ教室の選び方

それでは以下からは、具体的なしつけ教室の選び方について解説していきます。あらかじめ重視したいポイントをいくつかに絞っておくことで、スムーズに教室選びができるでしょう。

しつけ教室に通う目的を考える

まず初めに、どうして愛犬をしつけ教室に通わせたいのかを考えてください。というのも、教室ごとに得意なしつけ内容が異なるためです。

基礎的なしつけをお願いしたいのなら、ある程度の経験を持ったドッグトレーナーに任せれば十分だと思います。しかし、高度な技能や特技を習得させたいなら、訓練士の資格を持ったトレーナーがいるスクールに通わせるべきでしょう。

このように、しつけ教室に通わせる目的によって、選ぶべき教室が変わってきます。教室選びをスタートする前にその目的をはっきりさせておくと効果を感じやすいです。

運営団体をチェック

その教室の運営団体をチェックしてみましょう。市や県が開催している場合や、プロのドッグトレーナーが運営していることもあります。

一般的に公共団体が運営している教室は基礎的なしつけを重視し、民間団体が行っているスクールではややハイレベルな訓練まで対応している傾向があるので、一つの目安として覚えておきましょう。

トレーナーのプロフィールをチェック

どのような経歴を持つトレーナーが所属しているのかも確認しておきましょう。以前勤めていた職場やトレーナー歴は、その人のトレーナーとしての実力を図る尺度になりえます。

入学する前に、どのトレーナーが担当になってくれるかまで確認できればベストです。また、しつけの途中で担当するトレーナーが変わる可能性があるのかも一緒に問い合わせておくとよいでしょう。

費用を確認

申し込む前には必ず費用を確認しておきましょう。オプション料金があれば、そちらも欠かさずチェックしてください。

トレーニング内容をチェック

教室のサイトやホームページでトレーニング内容が公開されていれば、ぜひ目を通しておくべきです。実際にどんなトレーニングが行われているのかを把握してから入校すれば、より満足度の高いサービスを受けられるでしょう。

トレーニングの様子を見学させてもらう

入学前の見学を受け付けている教室なら、積極的に見学に参加してください。百聞は一見にしかずと言われるように、実際のトレーニングの様子を見せてもらうのがやはり一番わかりやすいです。

どんな犬種が参加しているかや、飼い主同士の交流があるかどうかもチェックしておくとなおよいですね。

また、体験入学があるならそちらも利用してみるとよいでしょう。愛犬がそのスクールに合っているかどうかを確実に判断できますよ。

おわりに

スクール選びは費用や内容ももちろん重要ですが、最も大切なのは愛犬がその教室に馴染めるかどうかです。

どれだけ条件が良い教室であっても、愛犬との相性が悪ければ意味がありません。通うのはあなたではなく愛犬なのですから、愛犬のことを一番に考えて教室選びをしましょうね。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

2017-11-25

犬は一日の大半寝ている、犬の睡眠に関する基礎知識

うちの子はよく寝るなーと思ったことはありませんか?さっき寝ていたのに、気づけばまた寝ている、それは犬の習性の一つです。 とにかく元気なイメージのある犬とい…

続きを読む

2017-11-25

愛犬と一緒に新幹線に乗る時の注意点〜ルールとマナー〜

ペットと長距離移動する際、ネックになるのが移動手段。自家用車があれば問題ないことも多いですが、公共交通機関を利用する場合はルールやマナーをしっかりチェックしてお…

続きを読む

2017-11-25

リードは愛犬を守る命綱!リードの種類と選び方を詳しく解説

犬を飼うならリードは必要不可欠です。たとえ室内飼いするつもりであっても、なんらかのタイミングで外出が必要になることもあるので、リードトレーニングは忘れずに行って…

続きを読む

2017-11-25

犬用スリング(抱っこひも)のメリットと選び方

愛犬と外出する際、リードを着用して出かけるのが最もメジャーです。ただ、リードは散歩時には有効ですが、乗り物に乗って移動するときや、人が多い場所に出かけるのには向…

続きを読む

2017-11-25

犬にとってのエリザベスカラーの必要性と着用時の注意点

術後しばらくは、エリザベスカラーという器具の装着が必要になります。なんだか不恰好ですし、動きづらそうでかわいそうに思えるかもしれません。 ただ、カラーの装…

続きを読む

2017-11-24

犬が口にすると危険な植物がある!犬にとって有毒で身近な植物10個

散歩中、犬はさまざまなものに興味を示します。見ていて微笑ましいですが、中には愛犬に危険が及ぶものもあり、飼い主は愛犬の行動をしっかり観察しておくべきです。 …

続きを読む