読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

災害時に備えてキャリーに慣れさせよう!愛犬のキャリートレーニングの仕方

コラム

f:id:urj:20161219175308j:plain

日本は地震が多い国として有名です。そして、今後も多くの地域で大きな地震が起こると予測されています。こういった災害に備えて十分な準備をしておくことはとても大切です。ペットを飼っている人はペット用の防災グッズも揃えておきましょう。

また、災害時の準備として、愛犬をキャリーバッグに慣れさせておくことはとても大切です。避難時、ペットは主にキャリーの中で過ごすことになるため、キャリーに慣れていないと大きなストレスがかかってしまうことになります。自宅を離れ、普段と全く違う環境で生活するのは人間と同様、ペットにとって大きな負担になるのです。

このような事態を避けるためにも、日頃からキャリーの中で過ごさせるなどしてキャリーへの抵抗感をなくしておかなければなりません。今回はその具体的な方法について解説します。

災害時は犬もパニックになる

火事や地震などの際、その程度のよっては人間でもパニックに陥ってしまうことがあるでしょう。それは犬も同様です。たとえば、犬は火事であることの異常性を理解することはできません。しかし、火の恐怖や、周囲の人の慌て具合から不安になり、パニックに陥ります。

ですから、災害時でも犬が安心して過ごせる場所を確保することはとても重要です。そして、その場所になりうるのがキャリーになります。

普段からキャリーに慣れておくと安心

多くの犬は大抵の場合、最初はキャリーに入ることを嫌がります。犬は警戒心の強い動物ですからなおさらです。それでも緊急時にはそんなことはいっていられませんし、少しでも手際よく安全な場所に避難しなければなりません。その際に少しでも愛犬の負担をなくせるよう、普段からキャリーに慣れさせておくことが肝心です。

キャリートレーニングの仕方

f:id:urj:20161219175318j:plain

それではこれより、キャリーに慣れさせるための具体的な方法をご紹介します。犬によって効果的な方法は異なるので、どれか一つがダメだったとしてもあきらめず、他の方法を試してみてください。

犬が安心して過ごせるキャリーを選ぶ

犬は飼い主が近くにいないと不安になる動物です。キャリーは密室空間になるため、どうしても視界が遮られてしまい、飼い主の姿が見えづらくなってしまいます。その結果、愛犬を不安にさせてしまうことがあるのです。これを防ぐためにキャリーは、網目が少し粗めで外の景色が見えやすいもの、窓のついたものを選ぶといいでしょう。

キャリーでハウスする習慣をつける

普段からキャリーを生活空間の一部にさせることで、キャリーへの抵抗感は大きく軽減します。ご飯や大好きな毛布、おもちゃをキャリーの中に置いて、キャリーの中は快適な空間であると覚えさせましょう。

おやつでつる

好物のおやつをキャリーの中に置いておくのも効果的です。次第にキャリーの中にはおやつがある、と考えるようになるので自分からキャリーの中に入るようになっていきます。

とはいえ、キャリーの中に入る度におやつをあげていては大変なので、徐々に頻度を減らし、代わりに毛布などで快適な生活環境を整えてあげるようにしましょう。こうすることでキャリーに入る目的がおやつから別のものにシフトし、中に入ってもおやつをせがまなくなります。

キャリーの中にいる時間を少しずつ長くする

いきなり長時間慣れないキャリーの中に入れられるのは犬にとって大きな負担になります。自分から入っている場合は問題ありませんが、トレーニングとしておこなっている場合は最初は短い時間にとどめておきましょう。

徐々に距離を伸ばしながらキャリーでのお出かけに慣れさせる

キャリーでお出かけする場合も徐々に距離、時間を延ばすようにしましょう。お出かけするのはキャリーそのものに慣れさせてからでも遅くありません。

まずは上述した方法などでキャリーへの抵抗感をなくし、慣れてきたらステップアップとしてキャリーでお出かけしてみましょう。距離も最初は短めにして、どんどん伸ばしていくようにすれば、愛犬への負担もより少ないものになるでしょう。

おわりに

いざというときのために準備しておくことはとても大切です。とくにキャリーは緊急時以外でもさまざまな用途があるので、早めに慣れさせておいたほうがいいでしょう。

自分のためにも、愛犬のためにも時間を見つけてキャリートレーニングをしてあげてくださいね。

この記事を書いた人

明石照秋

獣医師免許を所持しています。普段はギターを弾いたり、ひたすら寝たりして過ごすインドア派です。せっかくのフリーランスなので趣味や行動範囲を広げたいと考えています。その経験をお仕事にも活かせられればなーって思ったりも。個人ブログ「獣医師ライター、明石のブログ」を運営中。実体験をもとにのんびり更新しています。

お仕事のご依頼はこちらまで→teruaki.piano@gmail.com

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.