愛犬が自分の鼻先をペロッと舐めるのにはこういう意味がある!犬のカーミングシグナル

わんにゃんマガジンby犬服通販のアズスマイル > コラム > 愛犬が自分の鼻先をペロッと舐めるのにはこういう意味がある!犬のカーミングシグナル

2017-03-30

愛犬が自分の鼻先をペロッと舐めるのにはこういう意味がある!犬のカーミングシグナル


f:id:urj:20170330173126j:plain

犬は自分の鼻をよく舐めますよね?何気ないこの行動ですが、実は犬からの大切なサインが含まれていることがあります。犬はわたしたちのように喋ったり、笑ったりできませんから、感情や言いたいことは行動で示す必要があり、そして、わたしたちはそれを読み取ってあげなければいけません。

それは鼻先を舐める行動ひとつとっても同じです。しっかり愛犬からのサインを読み取り、それに応じてあげることで、愛犬との仲はより深まると思います。では、犬が鼻先を舐めることにはどんな意味があるのかを一緒に見ていきましょう。

愛犬が自分の鼻先を舐める理由

行動を開始するサイン

犬にとって、鼻はとても大切な器官です。犬は目があまり優れていないので、外界の情報の多くを嗅覚を使ってえています。有名な話ではありますが、犬の臭覚は人と比べて100万倍から1億倍も優れているといわれており、非常に敏感です。

そして、犬が自身の鼻を舐めるのはメンテナンスのような意味があるといわれています。動物が臭いを感じ取れるのは、鼻の中にある嗅覚細胞という細胞の働きに関係があり、この細胞の表面を湿らせることによって、さらに嗅覚が鋭くなると考えられているのです。

また、犬が寝起きによく鼻を舐めるのは、寝ている間に乾いてしまった鼻先を再び湿らせるためで、活動開始のサインであるともいわれています。

このように、犬は常に鼻先が湿っている状態になるように定期的に鼻先を舐めますが、嗅覚を鈍らせないように工夫しているのでしょう。

自分や相手の気持ちを鎮めるため

犬が鼻先を舐めるもうひとつの理由として、自分や相手の気持ちを鎮めるため、というものがあります。これはカーミングシグナルとも呼ばれ、怒ったり興奮したりしている相手に対して、「少し落ち着こうよ」という気持ちを伝えようとしているのです。

また、自身が興奮しているときや不安を感じているときにも、よく自分の鼻先を舐める行動がみられます。

あまりに頻繁に舐めている場合は注意

犬が鼻先を定期的に舐めるのは正常な行動ですが、あまりに頻繁に舐めている場合は注意してください。鼻先が炎症を起こしていたり、風邪をひいていたりする可能性があるためです。

一概にどれくらいの頻度で舐めていたら異常ということはできませんが、普段と比べて明らかに舐める回数が増えていたら、一度動物病院で診てもらいましょう。

カーミングシグナルはほかにもいくつかある

f:id:urj:20170330173127j:plain

鼻先を舐めるのはカーミングシグナルのひとつですが、カーミングシグナルと考えられている行動はそれだけではありません。他には、あくびをする、目線をそらすなどの行動があります。

これらはしつけの途中でよく見られる行動で、しつけのために怒っている飼い主をなだめようとしているのですね。

飼い主としてはしっかり話を聞いているのか不安になりますが、きちんと話を聞いているからこそ、これらの行動をとっているんだなと理解してあげてください。また、自分の中の不安やストレスを紛らわせるために行うともされています。これらの行動は何気ないものに見えますが、実はとても大切な意味があったのです。

犬の声に耳をかたむけること

カーミングシグナルは犬からの重要なサインであることはおわかりいただけたでしょう。犬は本来、集団で生活する動物ですから、協調性をとても大事にします。

しかし、飼い主がそのサイン、シグナルに気づかないと、愛犬の気持ちを理解できないどころか、心に大きなダメージを与えてしまうかもしれません。

犬は賢い動物ですから、さまざまな手段で飼い主に感情を訴えてきます。それに応えてあげられるように、飼い主として日頃から犬についてしっかり勉強し、知識をつけておきましょう。

おわりに

まさか鼻先を舐める行動にこんな意味があったなんて、と驚いている人もいるかもしれませんね。犬の行動をよく理解することで、愛犬とさらに親密なコミュニケーションが取れるようになります。日常で見慣れた、何気なく見える行動でも、実は大切な意味が含まれていることも多いです。

愛犬からのサインを見逃してしまわないように、よく観察してあげてくださいね。