読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルドッグの性格タイプとジャストな洋服の選び方

f:id:azsmile:20161013180830j:plain

最近は、頭数はだいぶ減ってしまったと言われているブルドッグ。何ともいえない愛嬌のある顔立ちと、強面な表情から、様々なメディアでも活躍する人気犬種です。

本来は闘犬種なので、気が強く、攻撃的な一面も持ち合わせていますが、日ごろ家庭で共に暮らす中では、そのような面が見える事は滅多になく、逆に驚くほどに優しく、甘えん坊な性格だと言われています。

 

特徴的な骨格を持ち、成犬になると体重が50kgを超えるほどに成長する場合もあります。体高が低いので、中型犬ほどのイメージですが、実際には体重の区分から大型犬と同等の扱いを受ける事が多い犬種です。

 

ブルドックは、非常に頭部が大きいことから、出産には大変な危険が伴い、大抵の場合、生涯に一度きり、一頭のみの出産となる事が多いようです。

洋服選びのポイントは

ブルドッグといえば、何よりの特徴は大きな頭です。洋服を選ぶときには、襟ぐりの大きく開いたデザインを選ぶ事がポイントです。洋服を着せる時に、襟ぐり部分が狭い事で窮屈な想いをさせてしまうと、洋服を着る事自体を嫌がるようになってしまうので注意しましょう。

 

また、胸板が厚く、足が短いので伸縮性のある素材でできた袖なしのデザインが理想的です。 襟ぐりの大きく開いたデザインの中には、首の部分にボタンが付いている場合や胸側がボタンで裾まで開閉できるデザインが多く見られますが、成犬になったブルドッグの体重は想像以上に重いもので、抱き上げたり、後ろ脚で立たせた状態でボタンを開閉する事は現実的とはいえません。

 

なかなかブルドッグ専用のデザインは数が少ないので、ジャストサイズを探すには手間がかかる面もありますが、犬の中で最もお洒落と言われる犬種でもあるので、飼い主さんの手でリメイクをするなど工夫をするのもおすすめです。

皮膚トラブルの為の保護服として

ブルドックという犬種は、犬の中でも上位を争うほどに皮膚が敏感な犬種です。外部からの刺激でトラブルを起こす場合もあれば、アレルギーなどの内部的な理由からトラブルが起こる場合もあります。

 

いずれの場合も、皮膚にかゆみや不快感がある場合、持ち前の強い力で体を掻いてしまいます。この行動により出血や患部の悪化を招いてしまうこともあるので、皮膚にトラブルがある場合には、厚手の洋服を着せ、患部の保護機能として活用する方法も有効です。 ブルドックは大変力が強いので、布地は厚手で丈夫な事、通気性がよいものを選ぶとよいでしょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.