読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛犬が喜ぶ姿が見たい!飼い主がしてあげられる5つの愛情表現

コラム

f:id:urj:20170123173315j:plain

愛犬が喜ぶ姿を見たい、これは飼い主として当たり前の感情ですね。ペットは家族の大切な一員ですし、自分の子供のように可愛がる人もとても多くいます。

もちろん、犬も飼い主に可愛がられると嬉しく感じます。しかし、犬は人の言葉を話すことができないため、嬉しい気持ちを言葉にして伝えることはできません。

それでも尻尾の動きや表情などで犬は感情表現をしていますし、それを見ることで私たちも犬の気持ちを読み取ることができます。

愛犬にはいつも幸せな気持ちでいてほしいですよね。では、どうしたらもっと愛犬に喜んでもらえるのでしょうか?この記事では、飼い主が愛犬へしてあげられる代表的な愛情表現を5つご紹介します。

犬は飼い主の愛情表現を理解している

犬はとても賢い動物です。知能も人間の2~4才くらいの子供に匹敵するといわれており、さまざまなことを学習し、次に活かすことができます。

また、犬は飼い主の感情も読み取ることができるといわれています。飼い主の表情や声のトーン、スキンシップから自身が愛されているかどうかを判断できるのです。

飼い主が愛犬にしてあげられる5つの愛情表現

それでは飼い主ができる愛情表現をみていきましょう。基本的に人間同士で行うことと変わりません。

私たちが他の人にされて嬉しくなることは、犬にとっても同様に嬉しいものなのですね。

スキンシップ

スキンシップは最もわかりやすく、そして単純な愛情表現ともいえます。動物は気を許した相手にしか距離を縮めることを許しませんし、スキンシップはいわずもがなです。スキンシップは「私はあなたを大切に思っているよ」という気持ちを端的に表せる手段の一つなのです。

ただ、触ればなんでもいいというわけではなく、たとえば乱暴に体をなでるのはいけません。声をかけながら優しくなでてあげましょう。

褒める

犬は褒められることが大好きです。褒め言葉は理解できないかもしれませんが、飼い主の笑顔を見ることや、頭や体をなでられることを嬉しく感じるのですね。

一緒に遊ぶ

犬はわんぱくな子が多いですよね。ひとりで遊ぶのも楽しいですが、大好きな飼い主といっしょに遊ぶことはもっと楽しいのです。

最近は飼い主と愛犬がいっしょに遊べるおもちゃも多く販売されているので、それらを使って遊ぶのもいいですね。

散歩に行く

f:id:urj:20170123173319j:plain

一般的に犬は散歩が大好きです。一日の中で最も大切なイベントだといっても過言ではないでしょう。そして、楽しい散歩に連れて行ってくれる飼い主も大好きになります。積極的に散歩に出かけ、愛犬との時間を楽しみましょう。

たまには散歩コースを変えたりして、いつもの散歩に変化をつけることも大切ですよ。

話しかける

基本的に犬は人の言葉を理解できません。「待て」や「お座り」といった簡単な命令なら理解できますが、感情を伝えるような複雑な言葉を直接理解することはできないのです。

それでも声のトーンや話しているときの表情から、ある程度人間の感情を理解できていると考えられています。話してもどうせ伝わらない、と考えるのではなく、感情をたっぷり込めてたくさん話しかけてあげるとよいでしょう。

オーバーリアクション気味に話すことがポイントですね。

犬が嫌がることや過剰な愛情表現には注意

私たちがよかれと思ってやっていることでも実は犬にとっては負担になっている、というケースは結構あります。乱暴に体をなでることや、後ろから突然ボディタッチするなど、犬を驚かせるようなことをしてはいけません。最悪、スキンシップが嫌いな子になってしまう可能性もあります。

また、犬のわがままにずっと応えていると、犬は主従関係が逆転したと勘違いし、無駄吠えや飼い主の言うことを聞かなくなるなどの問題行動をおこすようになります。

あくまで人間側が上の立場であることを飼い主も理解し、そのように振る舞いましょう。

おわりに

犬も飼い主に愛されたいと考えていますし、飼い主からの十分な愛情表現がなければ寂しく感じます。

最悪、大きなストレスを抱え込み、それが病気につながってしまうかもしれません。どうすれば愛犬は喜ぶのかを考え、積極的にスキンシップや会話をしていきましょう。

この記事を書いた人

明石照秋

獣医師免許を所持しています。普段はギターを弾いたり、ひたすら寝たりして過ごすインドア派です。せっかくのフリーランスなので趣味や行動範囲を広げたいと考えています。その経験をお仕事にも活かせられればなーって思ったりも。個人ブログ「獣医師ライター、明石のブログ」を運営中。実体験をもとにのんびり更新しています。

お仕事のご依頼はこちらまで→teruaki.piano@gmail.com

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.