読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【初心者飼い主さん必見】犬に与えてはいけない食べ物まとめ

f:id:asawabe1023:20160530145831j:plain

ワンちゃんは人間の食べているものをねだることがあります。人間に害がなくても、犬には有害な食べ物はけっこうあり、うっかり食べさせると大変なことになるので注意したいものです。犬に与えてはいけない食べ物をまとめました。

とっても危険!絶対与えてはいけない食べ物

中毒症状などを引き起こし、最悪の場合には死に至るような危険な食べ物には、次のようなものがあります。

タマネギ、長ネギなどネギ類

タマネギには血液をサラサラにしてくれる効果がありますが、犬が食べると溶血性貧血を起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。ブイヨンなどにも気をつけましょう。ニラやニンニク、ラッキョウなども絶対に食べさせてはいけません。

ぶどうやレーズン

果物の中でも特にぶどうやレーズンを犬が大量摂取した場合、腎不全により死に至る危険性があります。

ナッツや豆類

ナッツと豆類についてはまだまだ解明されていないことが多いため、避けたほうが無難です。特にマカダミアナッツはおう吐など危険な中毒症状を起こすことがあります。また、ピーナッツを過剰摂取すると、マグネシウム過多のため結石になる可能性が高まります。インゲンマメも中毒症状を引き起こす恐れがあり、油断してテーブルにおきっぱなしにしてしまったなどないようにしましょう。

生肉

人間の私は火を通したいけれど、犬はワイルドだから大丈夫だろう……などという理由で、犬は生肉が平気と思い込んでいる人はいませんか。生肉は菌や寄生虫の巣窟です。必ずしっかりと加熱し、鶏肉の骨は外して与えましょう。

生の魚介類

人間がお刺身で食べるような魚介類も、犬に与える場合はしっかりと加熱する必要があります。寄生虫や菌がどんな悪さをするか分かりません。ただ火を通せば大丈夫ということではなく、骨には十分注意して与えましょう。魚の骨を外すのは、手の使えない犬にとっては至難の業だからです。

アボカド

アボカドに含まれるぺルシンという物質は、人には無害でもペットには危険なものです。まだ解明されていない化学作用もあり、犬が摂取すれば下痢や呼吸困難などを引き起こして、最悪の場合は死亡してしまうこともあります。

チョコレートとココア

カカオにはテオブロミンという物質が含まれており、脳を活性化する働きを持っています。このため人間には効果がありますが、犬が摂取すると中枢神経が過度に刺激され、死亡する可能性があります。

食べすぎ注意!消化の悪い、または味の濃い食べ物

f:id:asawabe1023:20160530150045j:plain

うっかり食べてしまった、という程度なら大丈夫ですが、積極的に食べさせると身体に負担がかかる食べ物には、次のようなものがあります。

タコ・イカ、スルメ

タコやイカは消化不良を起こすため、加熱したものに限らず食べさせてはいけません。スルメも同様で、さらに胃の中で膨張するので特に危険です。

ハムやウインナーなど加工肉類

人間がそのまま食べてもおいしいハムやウインナーですが、犬には塩分もカロリーも多すぎます。好んで食べるワンちゃんがいたら、なるべく早くやめさせましょう。

生のサツマイモ、ジャガイモなどイモ類

「あれ、うちのワンちゃんは大好物だけど、ダメなの?」と思う人もいるでしょう。特にサツマイモが好きな犬は多いと思われますが、生で大量に与えると下痢や嘔吐の原因になります。きちんと火を通してから与えましょう。

お菓子

ハムやウィンナーがワンちゃんにはしょっぱすぎるのと同じように、人間向けのおやつは甘すぎます。少しだけなら構いませんが、大量摂取は控えましょう。砂糖の大量摂取は、歯茎を弱める可能性があります。

飲み物やスパイスなど

食べ物のほか、飲み物やスパイス類などには、うっかり与えると危険なものがあります。

コーヒー、紅茶、日本茶

カフェインが多く含まれている飲料は、神経系に影響をもたらします。人間でも大量摂取すれば中毒症状が出ることがあるほどです。特にてんかん持ちのワンちゃんは発作が起きてしまうこともあり、要注意です。

牛乳

重篤な中毒になるような恐れはありませんが、体質によっては牛乳を分解する酵素がない場合もあります。下痢をするようだったら与えるのはやめましょう。

アルコール

「犬が酔っぱらうとどうなるのだろう?」と試してみたくなる気持ちはわかりますが、人間にもアルコール中毒での死亡例が多数ありますね。犬の致死量は人間に比べてはるかに少ないので、面白がって与えないようにしましょう。

香辛料やハーブ類

ワンちゃんに辛いワサビやからしを、と想像しただけでもかわいそうですから、これはいわずもがなでしょう。また、ハーブ類には、犬が食べてしまうと危険なものもあります。うっかり食べさせてしまわないよう、洋風の料理を作ったときには特に注意して片づけましょう。

キャットフード

間違えて買っちゃったけど食べさせていいよね、という考えは捨てましょう。少しだけなら構いませんが、猫のために作られたものと犬のためのものとでは、成分もカロリーもずいぶん違います。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.