読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイプードルの特徴とお勧めの犬服

f:id:asawabe1023:20160530143425j:plain

モコモコでぬいぐるみみたいなトイプードルは、そのままでも十分かわいいですよね。一見、「服を着せたら暑いのでは?」と思ってしまいますが、服を着せたほうがいい理由がちゃんとあります。今回は、トイプードルの特徴や、おすすめしたい犬服の種類について紹介します。

トイプードルは暑さにはもちろん、寒さにも弱い

トイプードルはその見た目通り、暑さに相当弱いワンちゃんです。夏は短めにトリミングしてあげる必要があります。すると「ただでさえ暑さに弱いのだから、さらに服を着せてしまったらかわいそう」と思ってしまいそうですが、それは間違いです。

人間でも、カンカン照りの日に外へ出て長く作業をすれば、半袖よりも長袖のほうが涼しく感じられるはずです。このように、服は皮膚をあふれる日差しから守ってくれる効果があります。紫外線を避けるためにも、トイプードルに犬服を着せることは有効です。

また、個体差はありますが、トイプードルは冬の寒さに弱い子が多いといわれています。屋内にいるときにコタツに入ってしまう、寒いところに置いてあるエサを食べに行かないといった行動がある子は、防寒のために犬服を着せてあげるとよいでしょう。

モコモコの毛は、どんどんゴミを集めてしまう!

トイプードルはクルクルの巻き毛がチャームポイントですが、その毛はどんな汚れでもウェルカム状態!泥はねはもちろん、空気中のいろんなゴミや草などを絡めとってしまいます。放っておくと皮膚病の原因にもなり、よくありません。

犬服を着せてあげて、汚れからしっかりガードしてあげることが病気対策につながります。また、服を着てもらえれば、絡まり合った毛の間のゴミをとる手間がなくなり、だいぶ楽になりますね。

f:id:asawabe1023:20160530143513j:plain

春から秋はさらっとした素材でUVケアを

トイプードルに犬服を選んであげるなら、春から秋にかけては前あきのシャツタイプや、ケープタイプがおすすめ。シャツでもボタンではなくマジックテープのタイプが着やすさ抜群です。かぶりタイプは少しゆったりしたものを用意してあげましょう。

また、風通しの良い布帛(ふはく)素材が涼しく感じられるでしょう。ニットは毛がムレやすく、とくに盛夏はおすすめできません。UVケアができ、汚れても気軽に洗えるといった点も、大事なポイントです。

冬は冷たい風をブロック

冬になったら温かい素材を使用した犬服を用意してあげましょう。割とハードなジャンパータイプがおすすめです。服の中で毛が密集することなく、快適に過ごせるうえ、お散歩中の風雨にも対応してくれるからです。とくに寒い地方では、犬用のダウンジャケットが重宝するでしょう。

反対に、ニットを選ぶときには素材や毛足にご注意を。静電気を起こしやすかったり、ニットの毛がワンちゃんの毛と仲良く絡まったりするからです。ざっくりとしたローゲージで、前あきのボタンタイプがおすすめです。

また、静電気は喉の病気にかかりやすくなったり、皮膚炎を起こしたり、意外と危険なものです。ニット素材の服を着せたら、脱がせた後には加湿器のスイッチを入れたり、犬用の静電気対策スプレーを使ったりとケアしてあげましょう。

冬はお出かけ以外でも防寒に気を配ります。床暖房があれば完璧ですが、ない場合は温熱カーペットやカイロを活用し、風邪をひかぬよう体調管理に気をつけましょう。

Copyright (C)わんにゃんマガジン powered by アズスマイル All Rights Reserved.